ワインとミネラルウォーターの通販ヴァンダンジュ Wine and Mineral water net shop Vendange
ワインとミネラルウォーターの通販ヴァンダンジュTOP

日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーの店長が厳選したワインと、安心・安全でおいしいお水(ミネラルウォーター)をご自宅までお届けする通販サイトです!
We deriver selected wine and the safety, high quality and low price mineralwater to you !



cartcheckmypageguidance当店の取り組みreview1inquirysitemap送料等について

シャトー・マルゴー 2011 750ml "Chateau Margaux 2011"

【ボルドーワインの女王 メドック1級格付シャトー・マルゴー】<ギフト用にも!>


ボルドー・メドック地区の格付で、5つしかない最高級1級格付シャトー。
その1つがボルドーワインの女王とも言われる、このシャトー・マルゴーです。
他の1級格付ワイン同様、力強い味わいを持ちながら、一方で繊細でエレガントさをも持ち合わせているのが、女性的とも表現され、”女王”と呼ばれる所以でしょう。

シャトー・マルゴーの歴史は古く、12世紀には文献に登場しています。そんなシャトー・マルゴーを愛した歴史上の人物も多く、共産主義思想の父マルクスの盟友フリードリヒ・エンゲルス、文豪アーネスト・ヘミングウェイなど。ヘミングウェイに至っては孫娘に”マルゴー”と名付けたほど、このシャトーのワインを愛していたと言われています。

このワインのヴィンテージである2011年のボルドーは、ここ40年でもっとも乾燥した年となり、収穫量が減少。ワイン用のぶどうにとっては難しい年になりましたが、シャトー・マルゴーは厳しい選果によってこれを乗り越えています。
収穫されたぶどうのうち、1級ワインのシャトー・マルゴーに使用されたのはわずかに38%ほど。
残りのぶどうはセカンドワイン以下に回されています。
その結果、例年に劣らぬ、1級格付けにふさわしい、素晴らしい品質のワインに仕上がっており、パーカーポイントも93点と高評価です。

晴れの日のワインに、贈り物におススメの1本です!

シャトー・マルゴー2007チャート

<チャートの説明>
最高★5つ
中抜き☆=0.5
※★の多少はワインのタイプを表しており、直接おいしさを表わしたものではありません。

シャトー・マルゴー 2011 750ml "Chateau Margaux 2011"

メーカー:シャトー・マルゴー
型番:シャトー・マルゴー
価格:

58,900円 (税込)

[ポイント還元 589ポイント〜]
購入数:

在庫

3本

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません

■ 商品説明

【ボルドーワインの女王 メドック1級格付シャトー・マルゴー】 <ギフト用にも!> ボルドー・メドック地区の格付で、5つしかない最高級1級格付シャトーの1つ、ボルドーワインの女王とも言われる、シャトー・マルゴー。力強い味わいを持ちながら、一方で繊細でエレガントさをも持ち合わせているのが、女性的とも表現され、”女王”と呼ばれる所以でしょう。晴れの日のワインに、贈り物におススメの1本です!

■ 商品仕様

製品名シャトー・マルゴー 2011 750ml "Chateau Margaux 2011"
型番シャトー・マルゴー
メーカーシャトー・マルゴー
製造年2011年
製品重量1200g

シャトー・マルゴー2011ラベル

タイプ:赤、辛口
フルボディ (重口)
AOC:マルゴー
ヴィンテージ:2011
容量:750ml
アルコール度数:13.0%
ぶどう品種(セパージュ):カベルネ・ソーヴィニョン86%、メルロー10%、カベルネ・フラン2%、プティ・ヴェルド2% 適温:16〜18度

<テイスティング・コメント>
2011年の著名なシャトー・マルゴーは深いルビー・プラムの色を帯びており、春の花のような甘く、しなやかな香水のような香り、ミディアムボディのタンニンは良く調和しており、偉大な一級畑から来ると思われるエレガンスと高貴さを帯びている。
2009年や2010年のものほどパワフルさや凝縮感はないが、フィネス、エレガンス、純粋さ、及びしなやかさを持っている。
ワインはすでに飲みごろを迎えているが、まだこの先15-20年の間熟成可能である 。
(ロバート・パーカー氏)

相性の良い料理;

牛肉のステーキ、牛肉のワイン煮、ビーフシチュー、羊肉のロースト等の肉料理

※未成年者の飲酒は法律により禁止されています。
20歳未満飲酒不可
※妊娠中や授乳中の飲酒は胎児や乳児に悪影響を与えるおそれがありますので、避けて下さい。

ページトップへ